会社にお金が残るようにするには

ある経営者からのご質問
ここ数年、頑張って売上高を伸ばしてきたつもりですが、資金繰りはいつも楽ではなく、会社にお金が貯まりません。何が悪いのでしょうか。

 

(さらに…)

会社にお金が残るようにするには

ある経営者からのご質問
ここ数年、頑張って売上高を伸ばしてきたつもりですが、資金繰りはいつも楽ではなく、会社にお金が貯まりません。何が悪いのでしょうか。

 

回答
会社にお金が残らない原因は、キャッシュフロー計算書を見れば一目瞭然です。また、キャッシュフロー計算書は、会計ソフトを使えばボタン一つで出すことができます。

 

経営者であれば、キャッシュフロー計算書は読むようにして下さい。

 

ただ、それだけだと不親切かと思いますので、もう少し詳しくお話しします。

 

売上高と利益は同じではない

 

最初に理解すべきは、売上高と利益の関係です。

 

同じ業種でも、年商1億円の会社と3億円の会社があります。では、年商3億円の会社は年商1億円の会社よりも経常利益が多いかと言えば、そうとは限りません。

 

売上高を増やすために過度の値引きをすれば、売上高と仕入高のバランスが崩れて、逆に利益が減る場合もあります。

 

売上高を増やすために営業体制を強化すれば人件費が増えます。増えた人件費よりも、増えた粗利益が少なければ、会社は増収減益です。

 

売上高を増やすために生産設備や車両など増強しても、リース料や減価償却費が増えます。粗利益の増加以上に金融機関への支払いが増えれば、お金は減ります。

 

このように、売上高の増加は必ずしも利益の増加に繋がるとは限りません。売上高と費用のバランスを数字で捉えて合理的に経営判断をしないと利益は残らないのです。

 

不良資産を増やさない

利益だけでなく、不良資産の有無もお金に影響します。

 

売上高が増えたと言っても、売掛金が回収できなければ、本当の意味での売り上げとは言えません。実質的には「寄付」です。

 

商品を相手にプレゼント(寄付)した挙句、会計上は売上高が増えているため、法人税まで取られるのです。お金が残る方が不思議です。

 

 

経営者は、回収が危ぶまれる売掛金や受取手形が無いか、常に目を光らせるべきです。

 

在庫も同じです。売上高が増加すれば、仕入れも増えますので在庫も増えます。その際、売上高をしっかり予測して仕入れをしないと在庫が過剰になります。

 

そのうちに、商品の消費期限が切れたり、新商品が出て陳腐化したりすると、不良在庫になります。

 

売掛金や在庫が膨れ上がると、会社のお金は減ります。経常利益が吹っ飛ぶ事もしばしばです。そして、そういう現象が起きる会社は決まっています。管理の弱い会社です。

 

過度の節税はお金を減らす

利益が出たら出たで税金の問題があります。経営者であれば、払う税金を1円でも減らしたいのは人情でしょう。

 

しかし、節税にも色々な方法があります。国や県が定める減税制度を活用するのは、健全な節税です。

 

ところが、「節税」と聞くと思考停止するのか、入る必要もない高額な保険に入ったり、無駄な経費を使ったり、過剰な賞与を支給する経営者が多く存在します。

 

確かに納税額は減るでしょう。しかし、節税額の倍以上は、会社に残るお金も減るのです。嘘だと思ったら計算してみて下さい。

 

借入金は返す計算が重要

最後に一言。お金が必要になると簡単に借り入れする人が多いですが、返す計算はしているでしょうか。

 

返すアテもなく借りると「多重債務者の企業版」になります。後で苦しくなるのは当然です。

テスト

投稿