中小企業の資金調達方法(1)

金融機関から融資を受ける場合、担保や保証人を要求される事が多いですが、これは必須条件ではありません。融資返済の確実性を金融機関側が認めれば、担保や保証人なしでも融資を受ける事は可能です。(ただし、代表者の個人保証だけは必要です。)

 

そこで、融資返済の確実性の説明方法が問題になりますが、その前に重要なポイントがあります。それは「早く着手する」という事です。

 

金融機関の担当者は、融資したい相手の現状や事業計画について内部資料を作成し、支店長や本店、信用保証協会等の承諾を得なければなりません。担保や保証人なしでも返済確実である理由を関係者全員に説明し了承を取り付けるには一定の期間を要するのです。

 

資金が無くなる直前に慌てて融資手続きに動き出しても、時間切れでアウトになる可能性が高くなります。

 

日頃から資金計画を立て、資金が不足する時期を予測し、早めに調達に動く事が大切です。

 

一覧表に戻る