中小企業の資金調達方法(4)

企業の資金調達方法は、何も金融機関からの融資だけではありません。売掛金の早期回収や在庫削減、支払いサイト延長も立派な資金調達です。また、材料費や外注費、無駄な残業代や経費の削減も資金調達のうちです。

 

経営環境が悪化し資金繰りが厳しくなると、どうしても融資を受ける事に気持ちが行きがちです。しかし、返せる見込みの少ない借金は避けるべきですし、金融機関側の審査も甘くありません。このような場合は、追加融資よりも既存借入金の返済条件変更(リスケ)を先に検討した方がいいかも知れません。

 

過去の経営姿勢を素直に反省し、実現性の高い経営改善計画を作成すれば、リスケは従来よりもハードルが低くなっています。リスケによって月々の返済額が減れば、会社にその分現金が残ります。これも資金調達の一種です。

 

「資金調達」を「キャッシュフロー増加」に置き換えてみて下さい。視野が広がり、打ち手がいくつも思い浮かんでくるはずです。

 

一覧表に戻る