中小企業の資金調達方法(5)

業績が低下している企業が運転資金の融資を受けるには、経営改善計画の作成が必要です。金融機関は「これまで業績下がってきているから、今後も下がり続けるだろう」という見方をします(何も手を打たないと実際にそうなります)。

 

そこで、「今後は違います。このような抜本的な改善を図るので業績が上向きます」という事を説明する資料が必要になります。これが経営改善計画です。

 

経営改善計画では、損益計画もさることながら、具体的にどう経営改革を図るのかが問題になります。

 

まず、業績低迷の原因とその原因を除去する方法が明確になってなければなりません。また、組織体制を変更し、営業管理やコスト管理などの方法を根本的に見直す必要もあります。こういった事を盛り込んで経営改善計画とします。

 

実現性の高い経営改善計画を提示すると金融機関は安心できますので、融資が受けられやすくなります。また、計画の実行により業績が上向き、借入金の返済もできます。

 

一覧表に戻る