【7】 社員に複数の仕事を経験させよう

社員に経営参画してほしいと考える経営者が増えています。

 

現在は経営環境が複雑ですので、
営業、生産、調達、人事、財務のどれか一つではなく、
これら全てを統合的に考えて手を打つ必要があります。

 

「自分の担当だけでなく会社全体の事を考えてほしい」
と経営者が思うのも無理からぬ事です。

 

しかし、会社という山の頂上にいる経営者には山全体が見えても、
山の中腹にいる社員には山全体は見えません。

 

どうしても自分の経験の範囲内でしか物事を考えられないのです。

 

そこで、大企業では社員を定期的に人事異動させて
複数の職務を満遍なく経験させてから幹部に昇格させる
人事政策を取っています。

 

責任ある立場になる前に会社の全体像を理解させておく訳です。
この方式を中小企業も取り入れるべきです。

 

「営業職は営業しか分からない」
「技術職は技術しか分からない」

 

では、会社全体の視点で物事を考える事は困難です。

 

その結果、経営者に全負担がのしかかり、ワンマン経営にもつながるのです。

 

社員には若いうちから計画的に複数の職務を経験させるようにしましょう。

 

前へ / タイトルへ / 次へ